[PR]

 フィギュアスケートの全日本選手権は24日、大阪・東和薬品RACTABドームで女子ショートプログラム(SP)があり、3連覇を狙う18歳の宮原知子(関大)がほぼ完璧な演技で76・49点を出して首位に立った。最終30番滑走の浅田真央(中京大)は、冒頭のトリプルアクセル(3回転半)が1回転になったことが響き、60・32点で8位発進となった。

 本郷理華(邦和スポーツランド)が69・20点で2位。昨年2位で15歳の樋口新葉(東京・日本橋女学館高)が68・74点で3位。昨季の世界ジュニア女王の本田真凜(大阪・関大中)が67・52点で4位、三原舞依(神戸ポートアイランドク)が65・91点で5位、11月の全日本ジュニアを制した16歳の坂本花織(神戸ク)が63・36点で6位につける。SPの順位は次の通り。

       ◇

①宮原知子(関大)76・49点

②本郷理華(邦和スポーツランド)69・20点

③樋口新葉(東京・日本橋女学館高)68・74点

④本田真凜(大阪・関大中)67・52点

⑤三原舞依(神戸ポートアイランドク)65・91点

⑥坂本花織(神戸ク)63・36点

⑦松田悠良(愛知・中京大中京高)61・63点

⑧浅田真央(中京大)60・32点

⑨鈴木沙弥(邦和SC)60・06点

⑩大庭雅(中京大)59・19点

⑪滝野莉子(大阪ク)59・13点

⑫村上佳菜子(中京大)58・52点

⑬細田采花(関大)56・88点

⑭磯辺ひな乃(中京大)55・10点

⑮中塩美悠(広島ク)54・99点

⑯新田谷凜(中京大)54・31点

⑰白岩優奈(関大ク)54・30点

⑱広谷帆香(青森・八戸工大一高)53・50点

⑲永井優香(東京・駒場学園高)53・23点

⑳松嶋那奈(早大)51・97点

(21)今井遙(新潟県連)51・29点

(22)笠掛梨乃(ポラリス中部ク)51・22点

(23)木原万莉子(同大)50・44点

(24)小林聖依(埼玉・秀明栄光高)49・14点

(25)竹野比菜(福岡大)47・39点

(26)上野沙耶(関大)47・38点

(27)森下実咲(アクアピアスケーティングC)47・13点

(28)大沢陽(三沢GOLDク)46・41点

(29)森千夏(愛知みずほ大瑞穂高)45・10点

(30)船迫麗愛(千葉経大付高)41・12点

(上位24人がフリーに進出)