[PR]

 ベルリンで19日、クリスマス市(いち)に大型トラックが突っ込み、12人が死亡した事件で、捜査当局が公開捜査していたチュニジア国籍のアニス・アムリ容疑者(24)が23日未明、逃亡先のイタリア北部ミラノ郊外で射殺された。イタリア政府が発表した。

 会見したイタリアのミンニーティ内相によると、23日午前3時ごろ、ミラノ郊外のセスト・サン・ジョバンニ駅付近で、パトロール中の警察官が挙動不審な男を発見。身分証明書の提示を求めたところ、突然発砲した。警察官が応戦し、男を射殺したという。

 男の指紋がアムリ容疑者のものと一致したという。同内相は「男が、ベルリンで事件を起こしたアムリ容疑者であることは疑いがない」と話した。現場に居合わせた警察官2人のうち1人が肩を撃たれて負傷したが、命に別条はないという。

 地元メディアによると、アムリ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら