[PR]

 ロシア東シベリアのイルクーツクで今月、ローションの偽物を酒代わりに飲んで70人以上が死亡した。アルコール入りの品を酒代わりに飲む人が珍しくないロシア。それでも、なぜこれほど大規模な事件になったのか。

 イルクーツク中心部の病院。23日、ロシア製ローション「バヤーリシュニク」の偽物を飲んだ2人がベッドに横たわっていた。人工呼吸器の管がつながっているが、時々せき込む以外はまったく動かない。19日に意識不明の状態で運ばれ、危険な状態が続いている。医師は「見通しは極めて厳しい」と話した。

 イルクーツク州保健局によると、最初の中毒患者が見つかったのは18日未明。27日時点で死者77人を含めて中毒患者は123人に増えた。親子で飲み、家族全員が死亡したケースもある。

 郊外の日用品店には、入り口横…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら