[PR]

 新潟県糸魚川市の大規模火災で、死者は出なかった。けが人は、消火活動中の消防団員9人のほかは住民女性2人にとどまった。いずれも煙を吸ったり、避難中に転倒したりと比較的軽いけがだった。防災行政無線の定着や地域の強い結びつきが、人的被害が大きくなるのをくい止めた。

 22日午前10時半ごろにラーメン店から出火した直後、防災行政無線が火災を知らせた。その後、避難勧告や延焼の危険があるという情報も何度も流れた。

 アナウンスの前には火災発生を意味する「ピンポン」という音が3回鳴った。大町2丁目で菓子店を営む小池昭夫さん(70)は「普段から3回鳴れば夜中でも気づく」。防災無線は屋外にあるスピーカーだけでなく、希望者が5千円で設置できる戸別受信機があり、市内のおよそ半数に普及しているという。

 地域のつながりも役に立った。…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら