[PR]

 フィギュアスケートの全日本選手権は25日、大阪・東和薬品RACTABドームで女子フリーがあり、前日のショートプログラム(SP)8位と出遅れた浅田真央(中京大)は114・10点で、合計174・42点で12位に終わり、表彰台を逃した。演技後、平昌五輪シーズンとなる来季も現役を続けると表明した。

 浅田はフリーの冒頭で、代名詞のトリプルアクセル(3回転半)に挑んで転倒。1回転半になった前日のSPに続いて、成功はならなかった。「何があっても回ろうと思ったが、記憶がない」と振り返った。後半の3回転サルコーで転倒。3回転―2回転―2回転の3連続ジャンプを予定していたが、1本目のフリップが1回転になった。

 演技を終えると、上を向いて息を吐き、険しい表情を見せたが、観衆からは多くの花束が投げ込まれた。「自分の滑りだったり、目指しているものができなくて残念。でも、自分がやってきた最高のレベル(の構成)ができたことは良かった」と語った。