[PR]

 大相撲初場所(1月8日初日、東京・国技館)の新番付が26日、発表された。初土俵から所要17場所で新関脇に昇進した正代は、年6場所制となった1958年以降で史上2位タイのスピード出世(幕下付け出しを除く)。熊本出身の25歳は「上を目指したい気持ちはあるけど、欲を出すと体が動かなくなる。自分の相撲を貫いて、勝ち越しを目指して、けがなく終わりたい」と話した。

 先場所で3度目の優勝を果たし、初の連覇を狙う鶴竜は「自然体で気張らず、場所に入ってから感覚をつかんでいけば良い結果につながると思う」と語った。

こんなニュースも