[PR]

 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古への移設計画で、沖縄県の翁長雄志(おながたけし)知事は、前知事による「辺野古沿岸部の埋め立て承認」を取り消した自らの処分を、26日に取り消した。前知事の承認の効力が復活することになり、政府は27日にも埋め立て工事を再開する。

 翁長氏は記者団に「これが一番良い方法だろうと。(取り消さないと)別な方面から沖縄県に対するバッシングが始まったりする。原点に戻って、新辺野古基地は造らせない新たなスタートを切っていきたい」と語り、今後は別の権限を駆使して辺野古移設を阻止していく考えを示した。

 一方、菅義偉官房長官は26日の記者会見で「(埋め立て)工事再開に向け、必要な準備は整っている」と述べた。県が沖縄防衛局に送った文書が27日に届く見込みで、届いた時点で埋め立て承認の効力が戻り、政府はすぐに工事を再開する考えだ。

 辺野古への移設計画をめぐって…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら