[PR]

 奈良市五条町の唐招提寺で26日、正月の参拝者らに「千手観音守護札」を授与する準備が進められた。年明けの1月1日午前8時半から、金堂の千手観音立像前で参拝者に授与される。

 千手観音守護札は竹串にはさんだ縦8センチ、横2・5センチのお札。僧侶らが「ボテ」と呼ばれるわら束に丁寧にさした。開運や所願成就のお札で、財布に入れたり、竹串ごと玄関にさしたりする。6千枚を用意した。

 石田太一副執事長は今年の熊本地震などを挙げ、「来年は穏やかで災害のない年になってほしいです」と話した。(市野塊)