[PR]

証券取引等監視委員会前委員長 佐渡賢一さん

 ひたすら現場で事件を追ってきた検事人生だったが、1997年4月に東京地検刑事部長に就任して以来、一変した。管理職として検事らが効率よく捜査できるようマネジメントに知恵を絞ることになった。

――2001年4月、東京地検のナンバー2である次席検事に就任した。捜査や公判の指導、報道対応などを担当し、検察庁全体でみても主要ポストのひとつだ。2年目の02年、東京地検特捜部は鈴木宗男衆院議員を受託収賄などの容疑で逮捕した。

 口利きで公共事業利権をむさぼる典型的な事件だった。鈴木氏逮捕の前に、側近といわれた元外務省主任分析官の佐藤優氏も逮捕した。外務省のロシア関係の資金の不正使用にからむ背任容疑だ。

 支出を決裁した上司の局長が海外に逃亡して取り調べができなかったのが気にかかった。だが、国後島の「日本人とロシア人の友好の家」の入札不正など外務省がらみの疑惑の全体像を解明するには、佐藤氏の逮捕が必要だと判断した。

被告が当選 驚いた

――佐藤氏は著書「国家の罠(わな)」で、一連の捜査は鈴木氏を陥れるための「国策捜査」だと訴えた。同書はベストセラーとなり、賞も受賞。以後、検察は政界捜査で、たびたび「国策捜査」との批判を浴びるようになる。

 「国策」という発想はまったくなかった。だが、驚いたのは、公判で犯罪事実の詳細が明らかになり、それが大きく報道されたにもかかわらず、鈴木氏が05年秋の総選挙で当選したことだ。

 私の古里でもある北海道は、厳しい自然の中で開拓した歴史があり、不正には厳しい土地柄だ。それなのになぜ、と思った。それまでテレビ局や週刊誌が公判中の被告人の言い分をそのまま取り上げることはなかったと思うが、鈴木氏には堂々と検察批判を語らせていた。

 検察側にも問題があった。

 鈴木氏の逮捕2カ月前、大阪地検が、検察の調査活動費流用疑惑を告発しようとした三井環・大阪高検公安部長を逮捕した。三井氏は元暴力団組員から接待を受けたなどとして収賄罪などで起訴されたが、検察は疑惑隠しのために捜査権を使ったのではないか、と厳しい批判を浴びたのだ。

 大阪の事件と鈴木氏の事件はまったく関係なかったが、「私の事件は国策捜査」「検察側の一方的なつくり話だ」とした鈴木氏の主張が一定の説得力を持ったようだ。検察にとって今につながる逆風の始まりだった。

食肉詐欺 立件に力

――佐渡氏は04年1月、大阪地検検事正に就任。大阪府警は同年4月、大手食肉卸ハンナンの浅田満元会長らが、牛海綿状脳症(BSE)対策の牛肉買い上げ制度を悪用し多額の補助金をだまし取ったとして詐欺容疑で逮捕した。

 食肉業界の実力者だった浅田氏の立件をめざす大阪府警に対し、大阪地検の幹部は当初、腰が引けていた。東京地検特捜部時代の部下を大阪地検特捜部副部長に抜擢(ばってき)し、積極的に捜査に助言した。大阪府警も背水の陣で捜査に全力を挙げた。浅田氏らは後に有罪判決を受けた。「ようやったな」と検察OBから褒め言葉をもらった。

 「(証券取引等)監視委員会の委員長に行ってくれないか」と但木敬一検事総長から電話で打診を受けたのは07年春、福岡高検検事長のときだった。

――経済のグローバル化で、市場監視の役割が一段と重要になり始めた時期だった。

 異動先を示され、「どうだ」と言われれば、いつでも「ハイ」と応じてきた。今度も二つ返事で引き受けたが、市場監視の世界はまったく未知数で不安だった。ひたすら、市場監視関連の法律と資料を読み込んだ。

=肩書、組織名は当時(聞き手・村山治)

こんなニュースも