[PR]

 経営再建中の東芝は27日、米国の原発関連会社の買収をめぐり、新たに数千億円規模の損失を計上する可能性があると発表した。損失額は同日の取締役会で確定し、発表する方針。主力と位置づける原発事業で巨額の損失が相次いでおり、経営の立て直しが迫られている。

 損失を計上するのは、米国の原発子会社ウェスチングハウス(WH)が昨年末に買収した、原発施設の建設を手がける会社「CB&Iストーン・アンド・ウェブスター」。買収後に同社の資産価値を見直したところ、将来の収益が見込み通りにいかないことがわかり、今年度に巨額の損失の計上が必要と判断した。

 東芝は27日、1千億円単位でこの会社の資産価値が減る可能性があるとし、「減損損失を計上する可能性がある」とのコメントを発表した。

 今年度の業績は半導体メモリーの販売が持ち直し、通期で1450億円の純損益の黒字を見込んでいたが、今回の損失で赤字に転落する可能性がある。東芝の原発事業を巡っては、高値で買収したWHの資産価値を見直したことで、昨年度決算でも約2600億円の損失を計上していた。

こんなニュースも