[PR]

 熊本県は28日、高病原性鳥インフルエンザが確認された同県南関町の養鶏場の鶏約9万1856羽の殺処分を完了したと発表した。

 遺伝子検査で「H5亜型」ウイルスが確認された27日午前5時から、県職員と自衛隊員らのべ1千人強が交代で作業に当たり、約22時間半で終えたという。

 殺処分した鶏の埋却は、ウイルス確認から72時間後の30日早朝までに終える見通し。(大畑滋生)