[PR]

 米ハワイを訪問中の安倍晋三首相は27日午後(日本時間28日朝)、真珠湾でオバマ大統領とともに演説を行った。旧日本軍が太平洋戦争の口火を切った場所で不戦の決意を改めて表明するとともに、日米の和解と戦後の同盟関係の意義を強調した。

 安倍首相は演説に先立ち、真珠湾攻撃の追悼施設「アリゾナ記念館」を訪れて戦争の犠牲者に黙禱(もくとう)を捧げた。現職首相が同記念館で慰霊を行うのは初めて。演説ではそのことに触れ、「戦争の惨禍は二度と繰り返してはならないと誓った。戦後70年に及ぶ平和国家としての歩みに私たち日本人は静かな誇りを感じながら、この不動の方針をこれからも貫いていく」と強調した。

 また、戦後の日米両国の歩みについて、「歴史にまれな深く、強く結ばれた同盟国となった。明日を拓(ひら)く『希望の同盟』だ」と評価。そのうえで、「私たちを結びつけたものは、寛容の心がもたらした『和解の力』だ」と述べた。

 首相は「戦争の惨禍は、いまだ世界から消えない。憎悪が憎悪を招く連鎖はなくなろうとしない。寛容の心、和解の力を世界はいまこそ必要としている」とも語った。