[PR]

 勤務先の経営者が住む38階建てマンション最上階の部屋に侵入し、現金3500万円と腕時計5個(時価合計約980万円相当)を盗んだとして、神奈川県警は28日、横浜市中区翁町2丁目の飲食店従業員、山品聡志容疑者(33)を窃盗の疑いで逮捕し、発表した。容疑を認めており、「自分の店を出したかった」と話しているという。

 神奈川署によると、山品容疑者は21日午後3時30分ごろから22日午後7時ごろまでの間に、店の経営者(28)が住む同市神奈川区の部屋に侵入し、クローゼットにあった現金と、透明のケースに陳列されていた時計を盗んだ疑いがある。屋上からロープを伝ってベランダに降り、鍵の開いていた窓から侵入したとみられるという。山品容疑者は経営者宅に何度も招かれており、現場の事情に詳しかったという。(天野彩)