[PR]

 県は28日、鏡石町大宮の高野池で死骸で見つかり、遺伝子検査で鳥インフルエンザの陽性反応が出た野生のオオハクチョウ1羽について、確定検査の結果、毒性の強い高病原性(H5N6亜型)と判明したと発表した。県内で高病原性が確認されたのは福島市のオオハクチョウに続きこの冬2例目。

 県によると、このオオハクチョウは今月14日に池で死んでいるのを、町職員が見つけた。鳥インフル感染が分かった19日から、発見場所から半径10キロでの野鳥監視を強化している。

 一方、飼育している鶏などに対しては、国の指針によって緊急の対策が必要な養鶏場(半径3キロ以内、100羽以上)はなく、引き続き県内の監視を続けていくという。