[PR]

 腰痛に悩まされない介護術の締めくくりは、実際の現場でどう活用するかです。ベッドから車椅子への移しかえ、床からの起き上がりや立ち上がりの場面を想定し、これまで学んだコツを活用して合理的に動きを引き出していきます。

     ◇

 まず実践する前に、基礎編の三つのポイントをおさらいします。一つ目は腕だけで持ち上げるのではなく背中を連動させて抱えること、二つ目は自分の骨盤の位置を相手よりもできるだけ下げること、三つ目は相手が自力で体を動かせないような場合は、体を寄せて一体化すること――でした。これらを踏まえて、活用を考えます。

【想定①】ベッドから車椅子へ

 自分で動きにくい重度の方を介護する際、足腰が不安定になってしまう介護者は、〈写真1〉のように、相手と並んでベッドに座ることで、2人の骨盤の位置が平行になり、体勢が安定します。

 相手の両足をそろえて、自分の太ももの上に乗せて軽く両足で挟みます〈写真2〉。背中との連動を意識して、両腕で相手を抱えた後、相手の前傾を引き出します。

 前傾させた相手の肩が、自分のひざ上を越えてくると、相手の腰が上がり、太ももの上に重心が乗っかった状態になります。ここで、移乗先の椅子を近くに引き寄せれば、負担無く相手の体を移動できます。

 〈写真3〉のように、自分がしゃがんだ状態からも移動ができます。相手に両腕を自分の背中に回してもらい、一体化して、相手の前傾を引き出しながら移動させます。

【想定②】床に寝た人を起こす

 敷布団や床などから相手を起こす場合も、コツがあります。〈写真4〉のように、相手に胸の上で腕を組ませた状態で、自分から遠い、反対側の肩を引き上げます。左手を床と相手の背中の間に差し込んで肩に回し、指先を腰に向けて斜めに腕をかけます。ここがポイントで、岡田さんは「斜めに腕をかけることで、相手の体幹全体に力が伝わります」と説明してくれました。

 さらに起こす際には力で引き上げようとせず、抱えた状態のまま自分の腰の位置を下げることで、相手の上半身を起こします。

 〈写真5〉のように、相手の上半身が起き上がってくるタイミングで自分の片ひざを倒し、相手の背中側に回り込みます。起き上がった体勢を保ち、想定③の立ち上がらせる動きへとつなげます。

【想定③】床に座った状態から立ち上がらせる

 座った状態の相手を立ち上がらせるにも、技術があります。

 ヒントは、いすに座った状態から立ち上がる日常の動作です。〈写真6〉のように、ひざとつま先が垂直線上にそろった状態で、体を前に傾けると自然に立ち上がることができます。

 まず、〈写真7〉のように相手の片方のひざを立てておき、背中側から抱きかかえて相手と一体化します。腰の位置もできるだけ下げるようにします。相手のひざの内側に手を回して抱え、立ち上がってきたら手を離していきます。

 立てたひざとつま先がまっすぐになるように、相手の重心を前に傾けていくと、〈写真8〉のように、体重が足に乗って立ち上がらせることができます。

 〈写真9〉のように、ひざが曲がりにくい人には、ひざを立てなくても、後ろから抱きかかえた状態で左右のどちらか一方に傾けることで、反対側の腰が上がります。相手を前傾させて、重心がかかとに移ってきたタイミングで前に動かしていくと、スムーズに立ち上がらせることができます。

 また、〈写真10〉のように、相手を前傾させるだけでなく、自分が後ろに倒れていくことで立ち上がらせる技術もあります。相手と一体化した状態でバランスを保ったまま、斜め後方に自分の体を倒すことで、立ち上がらせることができます。岡田さんは「この技術を使えば、力を入れる感覚なく、楽に立ち上がらせることができます。ただし、力まかせにやると、腰など体を痛めやすいです。そんなときは、途中でやめましょう」と話しています。

     ◇

 実際の介護では、施設か自宅か、ベッドか布団か、要介護度は軽いのか重いのか、など状況は千差万別です。岡田さんは「個々の技術ではなく、三つのポイントを軸にして、それぞれの状況に応じて応用してほしいと思います。例えば、漫然と相手を抱えるのではなく、背中と腕とを連動させることで、見た目は同じでも、動きの質が大きく異なってきます。毎日意識して取り組むことで、体に負担無く相手の動きを引き出せるようになります」とアドバイスしてくれました。