[PR]

 大阪市内で28日、大掃除で廃棄するヘアスプレー缶からガスを抜く作業中に、爆発事故が相次いだ。

 午前11時半ごろには中央区高麗橋1丁目の商業ビル4階で爆発があった。大阪府警や市消防局によると、26歳と37歳の男性2人が腕や首をやけどした。美容師の研修スペースで、運営会社の従業員が専用道具で缶に穴を開けていた。

 西区新町1丁目のビル5階の炊事場では午後3時35分ごろ、電動ドリルで缶に穴を開けている時に引火して爆発。男性(46)が顔をやけどした。

 消防局が爆発の原因を調べているが、「中身を使い切り、キャップやノズルを使うなど缶に合わせたガス抜きが必要。火の気がなく、ガスの充満しない風通しがいい屋外で作業を」と注意を呼びかけている。