[PR]

 今夏、北朝鮮の駐英公使だったテ・ヨンホ氏が韓国に亡命した。テ氏が27日、韓国記者団に語った北朝鮮の実情とはどのようなものだったのか。2014年に韓国に来た北朝鮮軍の元中堅将校が、テ氏の発言を読み解いた。

 テ氏 「昼間は金正恩(キムジョンウン)万歳を叫びながら、夜は布団をかぶって韓国映画を見ているのが現実だ。私の知り合いで韓国ドラマや映画を見ていない人間はいない」

 ――北朝鮮では2000年代に入り、「冬のソナタ」などの韓国ドラマが流入するようになった。最初はDVD、今はUSBが主流。3G携帯が普及してからは、当局の目を盗みやすくなった。私も韓国の「コッポダナムジャ(花より男子)」を見て、自家用車が普及している様子に衝撃を受けた。

 テ氏 「麻薬と韓流の二つは、北も拡散を止められない」

 ――覚醒剤は北では日常的に使われている。たとえば、親しい友人が訪ねてきたときに酒を勧めるような感覚だ。元々、国が密輸用に製造していたが、1990年代の「苦難の行軍」(経済難)当時、一般人が製造設備を持ち出して勝手に製造・密売するようになって一気に広まった。

 北では「ピンドゥ」とか「オル…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら