写真・図版

  • 写真・図版
[PR]

 1人で育児や家事を担う「ワンオペ育児」を前回のエムスタで取り上げ、体験談を募ったところ、500件を超える投稿が寄せられました。「自分が病気でも横になれない」「共感してくれる人が誰かいたら」など、どれも切実です。当事者の声を紹介します。

 大阪府吹田市のプログラマーの男性(38)は、ひとごとではない思いでワンオペ育児の記事を読んだ。昨年6月に離婚し、5歳の長男を1人で育てている。家事はそこそこで乗り切っているが、仕事が時間内に終わらないこともあり、「元妻はこんな気持ちだったのかな」と頭をよぎる。

 以前働いていた会社は午後9時過ぎまで働くのが当たり前。できる限りのことはしていたつもりだが、保育園の送迎や子どもの看病は共働きだった妻任せで、家事の分担でよくもめた。早く帰宅できるよう3年前に転職したが、関係修復はできなかった。

 今の会社は保育園のお迎えに合わせて午後6時には退社できるが、「妻がいたら、職場の人に『何で早く帰るの?』と思われるのでは」とも感じる。「男性は、子育ての第一人者とはみなされにくい。『今日は早く帰ります』と言える環境が当たり前になれば」と話す。

社会の支援足りない

 3月に出産予定の大阪市の女性(29)は「男が子育てをしたくてもそれを許さない社会がある」とツイートした。「会社は理解がない。育休は無理かも」との夫の言葉に衝撃を受けた。説得し、夫は会社と話し合う覚悟を決めた。

 4歳の子どもがいる神奈川県の会社員女性(35)は「ワンオペ育児でした。きつかった」とツイッターでつぶやいた。結婚直後から最近まで夫は単身赴任。子どもと2人きりだと「今何かが起きたら、全責任を自分が負うんだ」と常に緊張していた。離ればなれだと、夫への相談は「事後報告」になった。家事代行や食材の宅配なども試したが、ワンオペ育児の抜本的な解決にはならず、「子どもも自分も成長し、慣れただけ。転勤や残業ありきの仕組みを何とかしてほしい」。

 「母親も働き、輝かなくては、…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら