[PR]

 障害がある子どもたちの支援施設、中央療育センター(川崎市中原区)に入所していた男児(9)が、26日に死亡していたことが分かった。神奈川県警中原署は、男児に添い寝をしていた職員の20代女性が過って男児を死亡させた可能性があるとみて業務上過失致死容疑で調べている。

 署によると、職員は26日未明、男児を寝かしつけようと添い寝した。約2時間後、職員が男児の意識がないことに気づき、男児は病院に搬送されたが、死亡が確認された。司法解剖の結果、死因は窒息死とみられる。職員は「一緒に眠ってしまい、目が覚めた時は、布団の上から男児に覆いかぶさっていた」と説明しているという。

 施設を運営する指定管理者の社会福祉法人・同愛会は「亡くなられた男児のご家族に対して誠実に対応するとともに、再発防止に努めます」とのコメントを出した。