丹生潔さん(にう・きよし=名古屋大学名誉教授・素粒子物理学)が1月30日、骨髄異形成症候群で死去、91歳。葬儀は1日午後1時から名古屋市千種区城山町3の13の平安会館本山斎場で。喪主は妻節子さん。

 物質をつくる基本粒子クォークが三つしか発見されていなかった71年、「第4のクォーク」を国際会議で報告。08年にノーベル物理学賞を受けた小林誠さんと益川敏英さんによる、クォークが六つ以上存在すると予言した「小林・益川理論」のきっかけになったとされる。