【動画】琉球象棋(チュンジー)復興へ=西正之撮影
[PR]

 かつて沖縄の街角で男性たちが楽しんでいたものの、第2次大戦後に急速に廃れていった娯楽がある。地元の伝統将棋、チュンジー(琉球象棋〈しょうぎ〉)だ。なんとか細々と命脈を保ってきたこの遊びを、いま愛好家らが再び広めようとしている。

 ガチャ、ガチャ――。暮れも押し迫った昨年12月、沖縄市の銀天街商店街。「琉球象棋教室」と貼り紙のある建物の窓の向こうから、将棋とは違う重い響きが聞こえてきた。

 コマは丸く直径5センチ弱、厚さ2センチ弱で一人16個。「つまむ」というより、わしづかみにする。「昔はたたきつけるような音が、遠くから聞こえたものです」。琉球象棋協会の宮平良慶会長(61)は言った。

 ここでは昨春から毎週土曜午後の4時間、チュンジーの教室が開かれている。この日も7人ほどが盤を囲んでいた。最年少は山城正樹さん(50)で、始めてまだ半年たたないが、「引っ張り込まれてしまって。でも、面白いんです」。

 引っ張り込んだのは、普及員を名乗る喜屋武(きゃん)盛廣さん(71)。「誇りある伝統文化を広めたいという一心なんですよ」と話した。

 チュンジーは、広く中華圏で親しまれている「中国象棋」のこと。本土にも愛好者がいる。ただ、沖縄ではコマが大きく、盤は持ち運べるように折りたたみ式、コマの呼び方の発音も独特だ。

 沖縄に15世紀には入っていた…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

関連ニュース