[PR]

 1日午前7時50分ごろ、埼玉県秩父市大滝の雁坂峠付近で、登山をしていた男性が滑落したと、同行していた男性(37)から110番通報があった。同行の男性は山小屋に助けを求め、山小屋の宿泊客ら3人が捜索に出かけたが、このうち1人の男性が、同じ場所から滑落。2人は病院に搬送されたが、いずれも死亡が確認された。

 秩父署によると、死亡したのは東京都世田谷区北沢4丁目、パート臼井貞文さん(37)と東京都国立市西2丁目、公務員後藤主昇さん(51)。後藤さんは滑落した臼井さんを発見し、応援を呼ぶために山小屋に戻る途中だったという。

 登山道の途中に幅1メートルほどの凍った沢が横切っており、2人はそこで足を滑らせ、約200メートル下に滑落したとみられるという。