[PR]

 米自動車大手フォード・モーターは3日、メキシコに新工場を建設する計画を撤回すると発表した。トランプ次期米大統領は海外に生産拠点を移す米製造業の動きを再三批判しており、フォードの判断には同氏の意向が影響したとみられる。

 発表によると、当初はメキシコに小型車を生産する工場を16億ドル(約1900億円)で建設する予定だったが、これを取りやめる。かわりに米ミシガン州内の既存工場に7億ドルを投じ、700人の新たな雇用を創出するという。マーク・フィールズ最高経営責任者(CEO)は記者会見で、「トランプ氏による企業の成長を促す政策に後押しされた」と語った。

 昨年4月、フォードが新工場建設の計画を発表した際、大統領選で共和党の候補者指名争いをしていたトランプ氏が「恥知らずだ」と同社を名指しで批判した。

 フォードは今回の判断の背景に、トランプ氏による批判があったのかどうかは明らかにしていない。ただ、トランプ氏は米企業がメキシコなどに生産拠点を移すことで米国内の多くの雇用が減っていると主張。フォードをその象徴として扱い、繰り返し批判を浴びせてきた。こうした発言に、同社は一定の配慮をみせたといえそうだ。

 トランプ氏はフォードの発表を伝える米メディアのニュースのリンクを自身のツイッターに投稿して、歓迎の意を示した。

 トランプ氏は3日、米自動車最大手ゼネラル・モーターズ(GM)についても言及し、「メキシコでつくって輸入する小型車には、高い関税を払うべきだ」などとツイッターに書き込み批判している。(ニューヨーク=畑中徹)