[PR]

 米自動車大手フォード・モーターは3日、メキシコに16億ドル(約1900億円)を投じて建設すると公表していた新工場の計画を取りやめると発表した。生産拠点をメキシコに移すことなどを計画する米メーカーに対し、名指しで「ツイッター攻撃」を仕掛けるトランプ次期米大統領の圧力に「屈服」するケースが相次いでいる。

 フォードは計画撤回の理由について、「生産予定の小型車の需要が減った」(マーク・フィールズ最高経営責任者)と説明。代わりに米ミシガン州の既存工場の自動運転開発や電気自動車をつくる設備に7億ドル(約830億円)を投じ、700人の新規雇用を生み出す方針を明らかにした。

 フォードは昨年4月にメキシコ新工場の計画を発表した際、トランプ氏から「まったく恥知らずだ」と批判された。選挙期間中からたびたび名指しで批判を受け、関係がこじれていた。今回の判断にあたっては、米国内の雇用創出を重視する姿勢を強める同氏の意向にできるだけ配慮したとみられる。

 トランプ氏は自身のツイッターに、フォードの計画撤退を報じた米メディアの記事リンクをのせ、自らの「手柄」を支持者らにアピールした。

 米製造業では昨年11月にも、…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら