[PR]

 「オリジナル10」と呼ばれ、1992年のJリーグ発足時に加盟した名門の名古屋が、今季はクラブ史上初めてJ2で戦う。目指すは、1年でのJ1復帰。しかし、多くの主力を含め、20人近い選手が去る異例の事態のなか、厳しい船出になりそうだ。

 11月に降格が決まると、オフの移籍市場で名古屋は草刈り場になった。

 日本代表経験のあるFWが次々とJ1クラブに引き抜かれた。永井はFC東京、川又は磐田、矢野は新潟へ。屈辱的なのは、有望な若手を予算規模で名古屋に劣るJ2クラブに奪われたことだろう。松田は福岡、小屋松は京都に移籍。ともに他クラブと競合の末、2014年に入団したFWだった。

 精神的な柱でファンも多かった闘莉王とジュロブスキー監督が真っ先に契約満了を告げられた。8年間、背番号10をつけた生え抜きのMF小川、リーグ戦30試合に出場したDF竹内も戦力外になった。

 最終的に20選手程度が名古屋を去る見込みだ。昨年11月に就任した下條佳明ゼネラルマネジャー(GM)は言う。「想定以上に選手が出たことは事実。あまり例がないよね。社長、GM、監督、選手がこうやって一気に代わるのは」。柏や清水で強化に携わった久米一正社長がJ2降格の責任をとって辞任したことで、17年シーズンのチーム編成は大きく変わった。

 名古屋のチーム人件費はJ1で優勝した10年以降、年間20億~23億円で推移し、J1でトップクラスを維持してきた。後任の佐々木真一社長は「J2に降格しても、選手にかけるお金は極力減らさない」と強調した。

 J1歴代2位の161得点を挙げているFW佐藤を広島から獲得。14年まで名古屋でプレーした元日本代表FWの玉田もセ大阪から呼び戻した。関係者によると、両ベテランの加入は大幅な選手の入れ替わりで懸念されるサポーター離れを食い止める狙いもある。

 ただ、ほかに目立った実績のある選手はおらず、川崎で実績を残した風間八宏監督の手腕が試される。12年シーズン途中から指揮を執った川崎では、時間をかけ、パスワークで主導権を握る攻撃サッカーを定着させた。新天地では1年でのJ1復帰が最大の目標となる。

 風間監督本人の口から具体的なビジョンはまだ明かされていないが、下條GMは「やりたいサッカーと勝つサッカーにはギャップがある。どんなに良いサッカーをしても、勝てなければ机上の空論になってしまう」と話す。

 「オリジナル10」のクラブがJ2に降格し、1年で復帰した例は、浦和、広島、ガ大阪、清水がある。

 大幅に戦力が入れ替わった名古屋はどう戦うのか。新チームは16日に始動する。(金島淑華)

名古屋の主な移籍選手

【退団】

DF 闘 莉 王(35)→J2・京都

   竹内  彬(33)→J2・大分

   安田 理大(29)

MF 小川 佳純(32)→J1・鳥栖

   明神 智和(38)→J3・長野

   李 升 熙(28)→韓国・浦項

   河 大 成(31)

FW 永井 謙佑(27)→J1・FC東京

   川又 堅碁(27)→J1・磐田

   矢野 貴章(32)→J1・新潟

   松田  力(25)→J2・福岡

   小屋松知哉(21)→J2・京都

【加入】※は期限付き移籍

DF シャルレス(28)←ブラジル2部・セアラ

   内田 健太(27)←J2・愛媛

   櫛引 一紀(23)←J1・札幌※

MF ワシントン(30)←ブラジル2部・ペロタス

   フェリペガルシア(26)←ブラジル2部・ペロタス

   小林 裕紀(28)←J1・新潟

   八反田康平(26)←J1・清水

FW 佐藤 寿人(34)←J1・広島

   玉田 圭司(36)←J1・セ大阪

   押谷 祐樹(27)←J2・岡山

☆Jクラブの所属リーグは2017シーズン