[PR]

 ロシアが米大統領選にサイバー攻撃で介入したとされる問題で、米情報機関のトップ、クラッパー国家情報長官は5日、上院軍事委員会の公聴会で証言した。ロシア政府の関与の可能性について「非常に強い」と証拠に自信をみせ、疑問を呈するトランプ次期大統領を批判した。

 クラッパー氏は、「今回のようにロシアが選挙キャンペーンに直接介入してきたのは前例がない」と指摘。さらに「ハッキングは一部に過ぎず、以前からあるプロパガンダや偽情報、虚偽ニュースなどの手法も使われた」と話した。

 一方で、トランプ氏はロシアの…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら