[PR]

     十一

 床(とこ)の間(ま)の前に碁盤を中に据えて迷亭君と独仙君が対坐している。

 「ただは遣(や)らない。負けた方が何か奢(おご)るんだぜ。いいかい」と迷亭君が念を押すと、独仙君は例の如く山羊髯(やぎひげ)を引っ張りながら、こういった。

 「そんな事をすると、折角の清…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも