[PR]

 トランプ米次期大統領が、米国以外での生産増強に動く大企業への「口撃」を強めている。「雇用を守る」という公約実現のため、米製造業の空洞化を食い止めるねらいだ。日本最大の企業、トヨタ自動車もやり玉に挙がり、「次の標的はどこか」と、同氏の極端な保護主義に不安が広がっている。

 「ニュース速報です。トランプ氏のツイッターによる『次の獲物』は、日本のトヨタ自動車です」

 5日(日本時間6日未明)、米経済テレビのキャスターが短い原稿を読み上げた。トヨタのメキシコ新工場について、トランプ氏が「NO WAY!(とんでもない)」と名指しで批判したのだ。

 米自動車最大手ゼネラル・モーターズ(GM)、同業大手フォード・モーター、航空機大手ボーイング――。トランプ氏はこれまで、米国の有名企業を次々と「ツイート砲の犠牲」(米メディア)にしてきた。つぶやきの短文ひとつで、株価が急落し、大きな経営判断もくつがえってしまうため、「トランプ氏の『指先』が最大の投資リスク」(米投資会社幹部)とも言われていた。

 その矛先が、米国にとっては外資企業のトヨタに向かった。引き金とみられるのは、豊田章男社長の新工場をめぐる一言だった。

 「雇用や地域に対する責任があ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら