[PR]

 サッカー元日本代表でJ1横浜マの主将・MF中村俊輔(38)が、J1磐田に移籍することが決まった。両クラブが8日、発表した。中村は「マリノスを離れるなんて考えたことがなかった。ましてや10番。引退以外でユニホームを脱ぐなんて」と話した。

 中村は欧州でプレーした期間を除くと、1997年の入団以来13シーズンを横浜マで過ごした。強化方針などクラブの目指す方向性に疑問が生じたといい、慰留に努めるクラブ側と話し合いを重ねていた。「マリノスで現役を終えられれば一番良いと思っていたが、少しずつ色々な事があった。サポーターの前で報告できず申し訳ない」と苦しんだ胸の内を明かした。

 中村は、神奈川・桐光学園高から横浜マに入団。左足の正確なキックを武器に2002年に渡欧し、イタリアやスコットランドなどでプレー。10年に横浜マに復帰した。J1通算338試合出場68得点。ワールドカップに2度出場するなど、日本代表通算98試合出場24得点。