[PR]

大谷翔平投手(日本ハム)

 打って投げて――。投打両面で類いまれな能力を開花させ、22歳にして野球界の「顔」となった日本ハムの大谷翔平。2歳上の姉・結香さんには、小さい頃のほろ苦い記憶がある。

 「私が買ってもらった自転車に、私より先に乗れるようになったんです。しかも、ぶつけてかごを壊された。でも、それくらい要領を得るのは早かった」

 3人きょうだいの末っ子は、小学2年から始めた野球でも「打つのも投げるのも、教えたことは他の子よりも早くできた」と父・徹さんは言う。徹さんは元社会人野球の選手。小学校時代は硬式のクラブチームの監督として、中学時代は岩手・一関シニアのコーチとして息子の成長を見守った。

 徹さんには「悔い」があった。7学年上の兄・龍太さんも小学4年から野球をしていたが、仕事が忙しく、「関わってやれなかった」。そんな思いから「翔平に助言できることはしよう」と指導を買って出た。

 例えば、左打者ながら左翼方向…

この記事は会員記事会員記事です。無料会員になると月5本までお読みいただけます。

こちらは無料会員が読める会員記事会員記事です。月5本までお読みいただけます。

こちらは無料会員が読める会員記事会員記事です。月5本までお読みいただけます。

この記事は会員記事会員記事です。

【8/7まで】シンプルコース(月額980円)が今ならキャンペーン中!詳しくはこちら