[PR]

 「そういうと極ってるかい」と主人は相変らず芝居気(しばいぎ)のない事をいう。迷亭君はぬからぬ顔で、

 「まあさ、小説だよ。いうとして置くんだ。そこで僕がなに代は構いませんから、御気に入ったら持っていらっしゃいという。客はそうも行かないからと躊躇(ちゅうちょ)する。それじゃ月賦でいただきましょう、月賦も細く、長く、どうせこれから御贔屓(ごひいき)になるんですから――いえ、ちっとも御遠慮には及びません。どうです月に十円位じゃ。何なら月に五円でも構いませんと僕が極(ごく)きさくにいうんだ。それから僕と客の間に二、三の問答があって、とど僕が狩野法眼(かのうほうげん)元信の幅を六百円但し月賦十円払込(はらいこみ)の事で売渡す」

 「タイムスの『百科全書』見た…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも