【動画】90年前の地下鉄銀座線車両「1000系」を再現=杉本康弘撮影
[PR]

 日本初の本格的な地下鉄とされる銀座線が開業90周年を迎えることから、東京メトロは開通当時の車両「1000形」を再現した特別車両を製造し、11日に東京都内で報道関係者に公開した。今月17日以降と3月中旬にそれぞれ1編成(6両)、計2編成を銀座線に投入する。

 銀座線は1927年12月、浅草―上野間の2・2キロで運行を開始。1000形は開業時から68年まで約40年使われた。

 銀座線を現在走るほとんどの車両は、外観を黄色にして「1000形」に似せているが、今回は特に内装を復元。壁は木目調、床や窓枠などは赤茶色、座席は緑色、手すりや握り棒は真鍮(しんちゅう)色にし、つり革は当時の形状をまねた。室内灯が消えた時に使われていた予備灯も新たにつけた。

 特別車両は今後、東京メトロが開催する90周年イベントでも走らせる。(石山英明)