ローマン・ヘルツォークさん(元ドイツ大統領)が10日に死去、82歳。南部バイエルン州出身。連邦憲法裁判所長官などを経て、94年に第7代大統領に就任、99年まで務めた。「頑迷な保守派」とも評されたが、大統領就任に際しては「ドイツが言語に絶する(ヒトラー時代の)12年間に侵略戦争を始め、多くのユダヤ人や少数民族を殺害したことは歴史の事実。ヒトラーをベートーベンと相殺したり、ヒムラーをロベルト・コッホ(細菌学者)と相殺したりすることは出来ない」と演説した。(ベルリン=高野弦)