[PR]

第4章「連携」(1)

 「親に写真を見せられては困ります。保育園が撮ったことがわかるので」

 親から虐待を受けた疑いがあるとして、児童相談所(児相)が職権で一時保護した保育園児をめぐり、保育園の園長が繰り返し要請してきていた。

 一時保護のきっかけは、園児にあざがあるという保育園からの通報だった。園はあざの写真も撮っていた。

 児相は親と面談を続けたが、親が虐待を認めないため、証拠である写真を見せ、いろいろ話を進めていかなくてはならないと考えた。だが、保育園は親に対して「児相とはやりとりしていない」と話しており、親に写真を見せれば、保育園が児相と連携していたことが分かって、親から猛烈なクレームが来ると園長は心配していた。

 担当ワーカー(児童福祉司)が「親に写真を見せたい」と説明しても園長は納得しなかった。そこで児相幹部が自ら園長に電話をかけた。

 「保護の判断は児相がしました。法律で(保育園は)児相に協力することになっている、と保護者に説明していただくしかありません」

 虐待防止には、ふだんから子どもと接し、親ともつながりがある保育園や幼稚園、学校の役割が極めて大きい。だが、親からの抗議を恐れて対応が消極的になり、児童相談所との連携がぎくしゃくすることもある。

 園長と話すこと約15分。電話…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら