[PR]

 トランプ次期米大統領は11日の記者会見で、ロシア情報当局がトランプ氏の「不名誉な個人的、財政的情報」を入手しているとする疑惑を米CNNなどが報じたことについて、「すべて虚偽ニュース。いんちきだ」と激しく否定した。

 報道によると、元英情報当局者がロシア側の主張を把握し、35ページのメモにまとめたという。これに基づいて米情報機関が2ページの概要書を作成、機密扱いとした。この概要書には、トランプ氏の陣営が選挙中にロシア政府の仲介者と継続的にやりとりをしていた疑惑についても記載されているという。米ネットメディア「バズフィード」は概要書の基になったとされるメモを公開し、性的内容を含む疑惑内容を伝えた。

 これに対し、トランプ氏は会見で「(情報にある事実は)起きていない。我々の敵が入手したものだ。病的な人々だ。彼らがゴミを集めたのだ」と激しく、この疑惑を報じたメディアを批判。「絶対に公にされるべきものではなかった。完全な恥辱だ」と訴えた。

 「情報機関が、間違いや虚偽と…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも