[PR]

 12日午前6時ごろ、大阪市北区堂島2丁目の11階建てマンション7階の一室から出火、室内の約10平方メートルが焼けた。大阪府警によると、この部屋に1人で住む榎本和可子さん(37)が同階の共用廊下に倒れており、心肺停止状態で病院に運ばれたが間もなく死亡が確認された。

 天満署によると、この部屋はワンルームで、ベッドのそばにあった電気ストーブ周辺の燃え方が激しいという。榎本さんは非常階段の扉の前に倒れていた。7階の別の部屋に住む男性が119番通報した。