[PR]

 リオデジャネイロ五輪の体操男子で個人総合と団体総合で金メダルを獲得した内村航平選手(28)が12日、復興庁の「復興応援大使」に就任した。今後は東日本大震災の関連イベントへの参加や競技を通じて復興を後押しする。

 内村選手は復興庁で委嘱状を受け取った後、「体操選手ですので、演技をして皆さんに勇気や感動を与える。それが復興につながればいいなと思っている」と抱負を述べた。特に被災地で応援してくれる子供たちとの交流を通じて、その思いを強くしたと述べ、大使就任の打診を受けた際は即決したという。

 復興応援大使は、東日本大震災からまもなく6年となる中、復興への関心の低下も懸念されるため、被災地を盛り上げるために復興庁が新設した。