[PR]

 日本キリスト教団・名取教会(名取市増田1丁目)の礼拝堂に、1台のアップライトピアノがある。信徒だった音楽教師が寄贈したものだ。その人、草刈ひろみさんは震災で津波にのまれ、神に召された。教会の友人たちはいま「いのちのピアノ」と呼ぶ。

 草刈さんは亘理町から教会に通い、リードオルガンの奏楽も担当していた。3月11日、勤務先の特別支援学校の卒業式を終え、自宅に戻る。60歳の定年を迎えた春。これからは教会にいっそう奉仕しますと、仲間には語っていた。

 教会は地震で壁や天井が傷ついたが、2日後の日曜日、なんとか礼拝がもたれた。草刈さんは来ず、連絡もとれない。信徒らが亘理町の避難所などを捜して回り、一緒に住む両親とともに犠牲になったとわかった。葬儀は教会で執り行われた。

 ピアノは草刈さんが若いころ弾…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら