[PR]

 93年のデビュー以来、独身女子の恋や仕事をリアリティーたっぷりに描き続けてきた鴨居まさね、4年半ぶりの新作ストーリー漫画である。私はうれしい。

 今回は、28歳、正規職なし彼氏なしの「にれこ」が主人公。本名は楡(にれ)。オーダー傘の職人・清田が、にれこの20年来の片思いの相手で、にれこは清田のアトリエでバイトに励むが、社員にはなれず、清田は既婚者だし、と未来の開けない日々。心配する家族の説得に応じて、にれこは実家のブラシ店で職人修業をすることになる。

 にれこは人間関係に不器用で接客は苦手、そして3姉妹の末っ子らしい甘えん坊として描かれる。それがささいなところにも表現されていて、例えばお店の電話番をしてもにれこは「はいっ もしもし」と応答するのだ。正解は「大井刷毛(はけ)ブラシ店(必要な場合には自分の名前も)です」。こうやって細部で人柄を現す点など、本当に鴨居作品ってさすがだなあと思うのだ。

 ブラシ製作の修業で、ブラシの…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも