[PR]

 14日朝、埼玉県蕨(わらび)市のJR蕨駅で、盲導犬を連れた男性がホームから転落し、列車と接触して死亡した。視覚障害者の同様の事故は昨年も相次ぎ、国や鉄道会社が対策強化を打ち出した矢先の事故だった。

 県警蕨署によると、死亡したのは同県川口市のマッサージ師の男性(63)で、両目が不自由だった。男性は14日午前7時10分ごろ、蕨駅のホームで盲導犬を連れて歩いていたところ、線路に転落し、進入してきた京浜東北線の大船行き普通列車と接触して頭や上半身などを強く打ち、約5時間後に死亡した。

 駅の防犯カメラの記録や、接触した列車のドライブレコーダーなどを署が分析した結果、男性は駅の自動改札を通過後、ホームの点字ブロックより線路側を歩行。列車が近付く直前に線路側に一歩踏み出し、転落したとみられる。

 男性の転落時、盲導犬をつなぐ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら