[PR]

 トランプ次期米大統領が米メディアに対して、中国と台湾がともに「一つの中国」に属するという考えを認めるのを見直す可能性を示唆したことについて、中国外務省の陸慷報道局長は14日、「『一つの中国』原則は中米関係の政治的基礎であり、交渉することはできないものだ」とする談話を発表した。

 陸氏は「台湾問題の高度の敏感さを認識し、米国の歴代政権が承認してきた『一つの中国』政策を守り、両国の重要な領域での協力に影響が及ばないよう、米国側に促している」とコメントした。

 共産党機関紙・人民日報系の国際情報紙「環球時報」(電子版)は15日に配信した論評で「トランプ氏が『一つの中国』原則を損なえば、中国側の報復の力量は彼らを決して『失望』させないだろう」と強く牽制(けんせい)し、「『一つの中国』をめぐる闘争は、中国による台湾統一の実質的な進展を促す」と指摘。さらに、「トランプ氏の台湾支援は信念でも、米国の長期的利益の保護でもない。台湾を自らの執政の短期的な利益と引き換えにしようとしているだけで、悲しいかな台湾はいけにえになるだろう」と批判した。(北京=西村大輔)