【動画】LGBTらのための成人式で、「新成人の辞」を読む「ゆずま」さん=竹花徹朗撮影
[PR]

 「振り袖やスーツを着て行くのが苦痛だ」「カミングアウトしていないので、自分の将来を語れない」――。そんな思いを抱く性的少数者(LGBT)らのための「成人式」が15日、東京都内で開かれた。様々な「性」を自認する約180人が集い、「ありのままの自分」を祝福しあった。

 「人生の節目に、なりたい人への一歩を踏み出してほしい」と、NPO法人ReBit(東京)が主催し、5年前に始まった。これまで全国13都道府県で4千人以上が参加している。15日は、心と体の性が一致しないトランスジェンダーとゲイ(男性同性愛者)の大学生が新成人の言葉を読んだ。

 その一人、トランスジェンダーの和光大学2年の「ゆずま」さん(20)は「(自分の)名前にずっと違和感を覚えていました」と、緊張した面持ちで話し始めた。男性として生まれたが、心の性は男性でも女性でもなく、どちらも異性と感じる。紋付きはかまに赤いつけまつげをつけ、薄いピンクの口紅をひいた。

 長野県で生まれ、「まさと」と…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら