[PR]

 公認会計士になる――。22歳の神戸大生の夢は、阪神・淡路大震災に砕かれた。ひたむきに生きた22年。両親は、同じだけ齢(よわい)を重ねた今も息子を思い続ける。友人たちは、咲かせられなかった夢の貴さを改めてかみしめている。

 1995年1月17日、津市の自宅で藤原宏美さん(76)は大きな揺れで目覚めた。長男で神戸大経営学部4年の信宏さん(当時22)が神戸にいる。電話はつながらない。翌18日朝に現地へ。行けるところまで列車に乗り、3時間ほど歩いて神戸市東灘区の木造アパートにたどり着いた。

 「なんだ、大丈夫じゃないか」。一見、形を残しているように見えたアパートは、信宏さんの部屋がある1階が2階に押しつぶされていた。遺体が見つかったのは、震災の2日後。胸を圧迫されていた。

 約3カ月前、難関の公認会計士試験合格の報告を電話で受けた。「お父さん、通ったよ。就職も決まった」。妻の美佐子さん(72)と喜んだばかりだった。

 優しく、おとなしかった信宏さ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら