[PR]

 東京都は16日、世帯年収760万円未満の都内の私立高校生に対する都独自の給付型奨学金を拡充し、授業料を実質無償化する方針を決めた。2017年度予算案に盛り込む。都内の私立高の平均授業料にあたる約44万円を国と都で給付し、教育機会の平等化を図る考えだ。

 都によると、対象は、都内に住む都内外の私立高校などに通う生徒約16万7千人のうち約5万1千人。都と国は現在、世帯年収910万円未満の世帯を対象に段階的に支援金や奨学金を支出している。都の支出分の総額は今年度分より88億円多い計138億円となる。拡充分の原資は予算全体の無駄見直しなどで捻出し、従来の私立高校向けの補助は見直さないという。

 昨夏の都知事選で「給付型奨学…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら