[PR]

 スマートフォンゲーム「ポケモンGO」をしながら運転中、女性(当時39)をはねて死亡させたとして、自動車運転死傷処罰法違反(過失運転致死)罪に問われた根上弘樹被告(48)の判決が17日、京都地裁であった。奥山雅哉裁判官は、ポケモンGOにからむ事故が多発していることを認識していたと指摘。「厳しい非難に値する」と述べ、禁錮1年6カ月執行猶予5年(求刑禁錮1年6カ月)を言い渡した。

 判決によると、根上被告は2016年9月12日、京都府長岡京市の府道で、ポケモンGOを起動させながらクレーン車を運転。信号で停止した後に発進する際、前に止まっていたバイクに気づかずにはね、乗っていた女性を死亡させた。