[PR]

 トイレ機器メーカーの業界団体「日本レストルーム工業会」は17日、温水洗浄便座の「おしり洗浄」など8種類の操作ボタンの絵記号を統一すると発表した。

 今は各社ともバラバラだが、外国人観光客にアンケートをとったところ、「分かりにくい」との不満の声が寄せられたため、改めるという。

 ほかに統一する絵記号は、便ふた開閉と便座開閉、便器洗浄(大)、便器洗浄(小)、ビデ洗浄、乾燥、止のボタン。直感的に分かるシンプルさを重視し、各社のデザイナーが考えた。国内主要メーカー9社が2017年度から新製品に順次採用し、国際標準化も目指す。

 工業会の喜多村円会長(TOTO社長)は会見で「温水洗浄便座の海外でのますますの普及や、わが国の観光立国としてのおもてなしの取り組みに必ずや役に立つ」と話した。(峯俊一平)