天皇陛下の退位をめぐり、政府が2019年1月1日を新天皇即位と新元号開始の日とすることを検討していることについて、宮内庁の西村泰彦次長は17日、定例会見で「譲位、即位に関する行事を設定するのは実際にはなかなか難しい」との見解を述べた。即位と同じ日の元日から新元号とすることも困難、との考えを示した。

 国民生活への影響を最小限にすることも考慮し、新天皇の即位と改元の実施は19年の元日とする政府の方向性が連日報じられるなか、「現時点で宮内庁としての考えは示したほうがいい」と異論を示した。

 次長はこの見解について「両陛下のご意向ではない」としつつ、心を込めて儀式や行事を務める両陛下の思いや、儀式に臨む両陛下の「いろんなお考え」を踏まえての「宮内庁独自の判断」だと説明。だが、宮内庁関係者は、天皇陛下と皇太子さま、秋篠宮さまが先週から17日にかけて複数回懇談する機会があり、「元日は早朝から重要な行事が続き、(元日の即位関連行事や準備で)それらに支障があってはいけない」という意見も出たと明かす。この意向が反映された可能性がある。

 西村次長は会見で、記者から「…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら