[PR]

 大学入試センター試験が終わり、本格的な受験シーズンを迎えた。日本航空高知支店は高知龍馬空港(南国市)の出発カウンター前に合格祈願の巨大絵馬を置いて、空路で飛び立つ受験生らを応援している。

 絵馬は1月1日に設置されてから18日までに約500枚の願い札がかけられた。「志望校に合格しますように」「国家試験合格」など様々だ。

 絵馬は今月末まで設置。集まった願い札は福岡行きの航空便に乗せられ、2月13日に学問の神様として知られる太宰府天満宮(福岡県太宰府市)に奉納される。昨年は願い札567枚が奉納された。

 日本航空の担当者は「受験生たちの願いを福岡まで届け、応援したい」と話していた。(高木智也)