[PR]

 厚生労働省の麻薬取締官が調書を偽造したとされる事件に関連して、東京地検は18日、麻薬取締官奥村憲博容疑者(46)=虚偽有印公文書作成・同行使の罪で起訴=を犯人隠避の罪で起訴した。

 奥村容疑者は、同省関東信越厚生局麻薬取締部の横浜分室に所属していた昨年8月、知人の男から「覚醒剤を密輸した」という内容の連絡を受けたのに、警察に通報せず見逃したとして、12月に犯人隠避の疑いで警視庁に再逮捕されていた。