[PR]

 日蓮宗の開祖・日蓮の化身と伝えられるタイを供養する神事が18日、鴨川市小湊の鯛ノ浦で行われた。信徒と住民ら約100人が集まり、大漁や家内安全などを祈った。

 日蓮の両親の墓所があると伝わる両親閣妙蓮寺の年中行事。境内で読経したあと、僧と信徒ら全員が鯛ノ浦をめぐる遊覧船の発着所に歩いて移動。遊覧船で沖合に出て弁財天をまつる島に向かって読経し、タイの供養や海上安全を祈った。

 鯛ノ浦はタイの生息地として1967年に特別天然記念物に指定された。日蓮の誕生を祝って海面にマダイが群れたとの言い伝えがあり、地元ではタイを食べず大切にしてきた。

 小湊妙の浦遊覧船協業組合の松本鶴松理事長(78)は「多くの人が集まり、今年もつつがなく終わった。安全第一でいい年にしたい」と話した。(川上眞)